シップモデル奥本
について

キットを開発中の奥本

ご覧頂き誠にありがとうございます。このサイトは奥本監修の構造模型を中心に様々な帆船模型情報を発信しています。シップモデル奥本では帆船模型歴40年の奥本晃監修の構造模型のキット開発を行っています。その昔、帆船建造の許可を王侯貴族に説明する際に図面の代わりに構造模型を使って許可を受けていたと言われています。シップモデル奥本のそもそものきっかけはモデラー奥本が市販の帆船模型キットでは物足りなくなり構造模型を自作し始めたところからスタートします。当初は多くの資料を調べながら図面を引き、電動のこぎりでひとつずつ部品を切り出して構造模型を作成していました。そうして出来上がった構造模型は地元の帆船模型展に出展し構造模型を楽しんでいたのです。

「構造模型は帆船モデラーの究極の夢だ」とモデラー奥本は語ります。 しかし、構造模型の制作には図面やパーツの制作に膨大な時間や労力、 それを制作する様々な工具を買い揃える費用がかかることが悩みでした。

  • 構造模型は難しい
  • 製作時間が長すぎる
  • 工具をそろえるのが大変

自身の体験やこういった声を聞く中で、奥本は「もっと構造模型を簡単に作れないか」と模索を続けました。 そしてレーザーカットやPCを駆使し、ついにサンタマリア・エンデバー・ラ・クローンの3キットの開発に至りました。

さらに奥本は「同好の皆様に構造模型をもっと気軽に楽しんで頂きたい」とスタッフを説得し、その熱意に打たれた私達は当サイト開設とキットのオンライン販売を始めました。 シップモデル奥本は今年の1月に当サイトを開設してまだ3ヶ月あまり。 既にベテラン帆船モデラーを中心にSNSや口コミなど様々な場所で嬉しい反響を頂いております。 私達は『帆船モデラーの究極の夢を叶える』 をミッションに掲げ、 国内唯一の帆船構造模型のキットメーカーとして、よりよい製品の開発やカスタマーサポートに取り組んで参ります。

今後共帆船模型ファンの皆様に暖かく見守っていただけると幸いです。

平成30年4月 シップモデル奥本 スタッフ一同

構造模型へのこだわり

製作時の苦労

サンダーイメージ

(モデラー奥本) 色々と構造模型を作ってきましたが、大変なのはフレーㇺ1枚1枚の図面を描いて、それをトレーシングペーパーに写し取り、板材に転写することでした。そして、転写した板材からフレームを1枚1枚切り出す作業でした。何しろフレームだけでも部品が400ピースほどもあるからです。

なるべく正確に図面を引いて、フレームを切り出したつもりでも、フレームの継ぎ目のシアーラインがきれいに出ないなどの不満も残りました。結局は現物合わせで、細部の調整をしていくしかありませんでした。

また、構造模型を作るために、私は、バンドソー、電動糸鋸、電動カンナ、卓上丸鋸、ベルトサンダー、旋盤等々の電動工具を買いそろえてきました。 けれども、私の周りの帆船模型仲間たちの多くは「構造模型に挑戦したいけれども、道具をそろえるのはちょっと・・・」と、ためらっていました。

誰でも作れる帆船構造模型の実現

図面イメージ

そこで、図面をパソコンで描いてレーザーカット部品にしてみました。 すると、シアーラインが美しく出るようになりました。 何しろ、パソコンで図面を描くと1000分の1mm単位の正確さが追求できるからです。

さらに、パソコンで描いた図面をデータにレーザーカットすると、電動糸鋸やバンドソーを使う必要もなく、簡単に、しかも正確に部品を切り出すことができました。キールとフレームの継ぎ目も気持ちが良いほどピタッと合います。 更にこれをキット化し、より簡単で精密な構造模型を制作することが可能になりました。

ラ・クローン画像5
おなじみのamazonでも販売中